人材派遣会社へ無料相見積もり[人材派遣会社の総合窓口]

人材派遣会社に相見積もりをして比較検討する公式サイト
 
人材派遣会社の総合窓口キュン
複数の人材派遣会社へ
無料一括見積もり依頼
サイトマップトップページ
無料一括見積お問合せ

お役立ち情報(人材派遣について)

派遣と請負の違い

派遣と請負の違い

労働者(派遣社員)への指揮・命令権が、派遣元か派遣先かどうかで派遣と請負の違いです。

派遣・・・派遣先の企業が業務の指示を出す

請負・・・雇用契約を結んだ請負業者が業務の指示を出す


派遣と請負の契約の違いについて

【派遣の契約の形】
労働契約を結びます。派遣先が、派遣元に労働者が提供する役務に対して報酬を支払います(民法623条)。

【請負の契約の形】
業務請負契約を結びます。請負先が請負元へ依頼した仕事の結果に対して報酬を支払います(民法632条)。


偽装請負とは
違法行為です。上記で説明した契約の形が、業務請負契約であるのに、実態は労働者の役務の提供である(本来は労働契約を締結すべき)場合を意味します。 企業が労務管理や人件費の高騰を回避するために、実態とは違う業務請負契約の形をとることです。
請負事業と判断されるためには、「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」に基づいて判断します。
労働者派遣と請負の区分基準
請負事業と判断されるためには、「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」に基づいて判断します。

請負事業主が満たすべき要件

(1)直接自ら業務の遂行方法の指示等を行うこと

(2)直接自ら業務遂行の評価等を行うこと

(3)始・終業時刻、休憩、休日、休暇等の指示・管理を自ら行うこと

(4)時間外・休日労働の命令等を自ら行い管理すること

(5)自ら服務規律の設定・指示・管理を行うこと(守秘義務の責任も)

(6)自ら労働者の配置等の決定・変更を行うこと

(7)自己責任責任による資金の調達・支弁をするものであること。

(8)民法・商法その他の法律上の事業主責任の遂行がなされていること。

(9)機械・設備、器材、材料等の自己調達等により業務が行われていること

(10)専門的な企画・技術・経験により自己の独立した業務の遂行がなされていること

つまり、雇用上の責任を厳格に実施しなければなりません。
以上の通りですが、いわゆる偽装請負と呼ばれるものは、書類上問題が無い場合が多く、実態上問題があるかどうかが問われます。

次に、労働者派遣法を実際に読む場合のために、法律の基礎を簡単に学びます。ここを押さえておけば、法律をすらすら読め、理解が深まります。


見積もりスタート
見積もりスタート
はじめての方へ 基本的な流れを説明しています。
 
人事お役立ち コスト削減の手法や弊社の統計データベースからデータを無料提供するお役立ちページです。
 
よくある質問 派遣の基本的な仕組みや用語等このFAQを見ればわかります。

お役立ち情報(人材派遣について)
2012年改正労働者派遣法の概要
全国派遣企業様検索